こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

小さな者たち

  • ウ-12 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • ちいさなものたち
  • 角田 敏康
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 48ページ
  • 200円
  • 2018/09/22(土)発行
  • 七歳の時、友達のより子を守れなかったあさ美。
    教室の喧騒にかき消され、届かなかった言葉が、その姿を虫に変えて指先から飛び立っていった。
    彼女の成長とともに美しく変化していく虫。飛び立つ姿を、自分の中から美しさが消えていく様子だと感じたあさ美は、次第に口を閉ざし、人と距離を置くようになっていく。
    そんな彼女を待ち受けていたのは、高校での辛い日々だった。
    伝わらない、伝えられない、伝えたくない。それでも言葉を発した少女に訪れた、小さな者たちからの祝福と、切なさに満ちた自身の飛び立ちの瞬間を描いた作品。
    さくら  さく様の作品が表紙を飾る新装版をお披露目です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

小さな者たちさくらんぼの描き方四月には

こちらのブースもいかがですか? (β)

サークル ピース  720万ドル  宿り木  まゆゆのEカップ  若蛙  under_  カクレクマノミ舎  まるん  spi  本多篤史  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。