こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

梔子青の足

  • ケ-50 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • くちなしあおのあし
  • 跳世ひつじ
  • 書籍|B5
  • 600円
  • https://kakuyomu.jp/my/works/…
  • 山の中腹に抱かれた方楼は、強大な母に支配された家だった。 溺愛された娘・青浪が婿を迎えるとき、家には変化が訪れる。
    三年前、戦役から帰還し醜い容貌へと変わり果てた兄・春峰。 青浪の婿として迎え入れられた美貌の青年・深玉。
    ふたりのおとことひとりのむすめ、そして母という存在を交え、愛憎はやがて破滅へと至る。 霞立つ山で梔子がかおれば、青竹とおとこの背がしなり、鳴き声は淵へと転げ落ちてゆく。
    ――落花想顺水而流,流水想伴花而行。

    中華風ファンタジー。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【文フリ初頒布】有翼人アンソロジー プテリュクス梔子青の足ラプラスの新悲劇鰐と運命的滅亡のメルルカ・アンポルカロリポップ2017 この世は贋者あかるいところできちんとしぬ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。