こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

標本室

  • タ-20 (小説|短編・掌編・ショートショート)→配置図(eventmesh)
  • ひょうほんしつ
  • 宵待ブックス
  • 書籍|その他
  • 500円
  • 2019/11/24(日)発行
  • 2019年11月24日発行予定の短編小説です。
    正方形(148角)P32 今までも宵待ブックスの作品をつくってもらってきた、活版とデザインの工房まんまるさんにお願いしてつくりました。


    ここはとある研究所の【標本収蔵室】――

     話には聞いている。「夜勤は常識よりも人間性の領域」であると。それがいったいどういう意味なのか、迫川にはわからない。
     だいたい夜くらい仕事を休ませろと思う。月に一度か二度のペースで、この研究所には夜勤がある。それは決まって満月の晩だった。

    (中略)

    「こんな、動物王国みたいな研究生活が……あっていいんでしょうか」
    「いいんじゃないの?」
    「いやいや。だって! キノコが、標本が、箱かぶって走ってたなんて! エッ、生きてるんですかね? 菌類って乾燥したらあんなに早く走れるんですか?」
    「生死は問題じゃない。それをここで問うのはナンセンス。夢見てるだけだ」
    「どういうことですか! 僕は、起きてます!」

    (中略)

     ――天の河その一滴に孵るまで
       (研究室に遺された古い手記より:筆者不明)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

標本室正気じゃないけどジャスティス!月下遊狸

「気になる!」集計データをもとに表示しています。