こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

空蝉抄

  • イ-11 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • うつせみしょう
  • 明智蒼乃
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 122ページ
  • 900円
  • 2019/08/25(日)発行
  • 【あらすじ】

    梅雨の前、酷い臭いをまとって平庭の喫煙具店に現れた青年、秋津健吾。
    店先の喫煙所で一服しようとする彼を、
    営業妨害になるからと裏手の喫煙所に案内したのが始まりだった。
    何度か会って語らう内に、友人にしては踏み込みすぎた触れ合いを許してしまう。
    平庭の周囲では、次第に不穏な感情が渦巻き始めていた。
    そしてある日、遂に堪えきれなくなった妻が、
    平庭の腕を掴んだまま鉄道に身を投げる。

    煙草屋の店主・平庭壮市と、死体解剖医・秋津健吾が、
    出逢って、惹かれて、互いの手をそっと放すまでの物語です。
    暴力的な描写、残虐と思われる描写、性的なものを匂わす描写が若干ありますが、そこが主題ではないので年齢制限は設けておりません。
    受け取り方によってはショッキングかもしれませんので、苦手な方はご購読をお控えください

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

空蝉抄曾祖父の妾くちばしとピンセット海の記憶

「気になる!」集計データをもとに表示しています。