こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

Old Man's Horror Show

  • ノ-39〜40 (小説|その他)→配置図(eventmesh)
  • おーるどまんずほらーしょう
  • 円件
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 186ページ
  • 600円
  • 2019/05/06(月)発行
  • 【5/6文フリ東京 新刊】

    「イケオジ」「イケオジジ」にまつわる七つの怪異を収めたアンソロジーです。
    ※ただしイケていると思う要素は個人の趣向と裁量によります。

    イケオジの好みは十人十色。
    怪異の好みも千差万別。
    おじさん・おじさま・おじいさまが、好みの怪異の中で活躍する本がとにかく猛烈に読みたい。
    そんな思いで作った一冊です。

    ---------------------------------------------------------------------

    「ねぇ、マスター。君はカール・マルツゥの正しい食べ方を知ってるかい?」
    身綺麗な老紳士が酷く幸せそうに食べる、常連しか食べられない逸品とは?
    ――××××を喰む【age:uh...】 嘉藤千代

    「引っ越しなさい。それしかないわよ」
    人身事故の多い土地に住む、ある女性の身に降りかかった災い。
    ――轢死行列【age:54】 川渡六文銭

    「そう思わなきゃやってられませんよ。深く考えたって怖いだけです」
    イギリスの旅先で目撃した、見てはいけないものとは。
    ――四達【age:82】 円件

    「時代遅れな理不尽なんてきっと幼い頃の幻になってしまうと思った」
    二十年前のあの日、彼らと祖父の身に起こった悪夢のような出来事と因縁。
    ――かんからさん【age:75】 サツキ

    「どうやら”また”殺人があった様だ」
    少女が目撃した、吸血鬼事件と白髪混じりの見慣れない男の影。
    ――すべては月夜の夢の様で【age:60?】 天宮綺月

    「質問です。○○○県の山の中に、地図に無い村があるって本当ですか?」
    ネットロアの出処を辿った先にあった、山村に伝わる伝承と厄介なセンセイの話。
    ――ケサヘラ様【age:65&70】 円件

    「五人死んだ。五人もだ!」
    非力な若者は、運命を賭けてモーテル四号室の不気味な老人の元を訪ねる。
    ――ミスター・クイズ【age:68?】 川渡六文銭

    ---------------------------------------------------------------------

    本書に収録されている物語は、以下の条件を題材に執筆されています。
    ■主人公・ヒロイン・語り部・怪異の正体、いずれか一つ以上が「イケオジ」または「イケオジジ」であること。
    ■各々が思うイケている要素を盛り込むこと。
    ■ホラー作品であること。

    編者:円件
    表紙:川渡 六文銭

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

町中怪談検閲済Old Man's Horror Show彼岸から五十話怪談 〜ひきずり屋敷の怪〜怨霊双六 五十話怪談小説みくじ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。