こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

赤目のおろく

  • タ-13 (小説|ホラー・怪奇)→配置図(eventmesh)
  • あかめのおろく
  • 三谷銀屋
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 110ページ
  • 400円
  • 2017/02/12(日)発行
  • この世とあの世の境目、三途の川のほとりに佇む「目玉売り屋」。そこには、様々な力を宿した妖しの目玉を売る男がいる。

    幼少の頃、死神の手違いで三途の川に連れて来られた少女・おろくは、目玉売り屋の男と出会い、己の右の目を赤い瞳の不思議な目玉と交換してしまう。赤い瞳の妖力を得て、見えてはいけない世界を見ることができるようになったおろくは、自らの力に悩んだ末に女賭博師として生きるようになるが……。

    やがて、おろくの赤い目に宿った妖力は、江戸の地に封印されていた魔を解き放ってしまう。

    江戸時代を舞台にした和風怪奇ファンタジー。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

UTSURO赤目のおろく青闇妖影鬼談手児奈し思ほゆ銀屋式怪画怪話集

「気になる!」集計データをもとに表示しています。