こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

UTSURO

  • タ-13 (小説|ホラー・怪奇)→配置図(eventmesh)
  • うつろ
  • 三谷銀屋
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 54ページ
  • 300円
  • 2019/01/20(日)発行
  • 不思議だったり、どきっとしたり、ぞっとしたりする、短い幻想小説を集めた短編集です。UROKO入門にまずはこの一冊。

    <収録作品>
    「うつろ祭りの海」
     秋祭りの夜、老人を盆踊りに誘い出す不思議な女……うつろ舟は時の彼方へと彼を連れ去っていく。

    「お皿は何枚」
     番町皿屋敷のアレンジ小説。主人の大事にしている家宝の皿を割ってしまったお菊の運命や如何に?!

    「首切地蔵の話」
     願いを叶えるためには、お地蔵様の頭を取り、冷たい海に投げ入れなくてはならなかった……岬の突端に佇むお地蔵様の悲しい言い伝え。

    「ハンドクリーム」
     バラの香りのハンドクリームにまつわる、悪夢めいた「嗅覚ホラー」

    「ここにいる」
     事故で閉鎖された廃工場にただ一人取り残された男が見つけたものは……。ディストピアSF短編小説。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

UTSURO赤目のおろく青闇妖影鬼談手児奈し思ほゆ銀屋式怪画怪話集

「気になる!」集計データをもとに表示しています。