こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

遺書を書くには最高の日 Chapter2

  • サ-38 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • いしょをかくにはさいこうのひ2
  • 郁子匠
  • 書籍|A5
  • 16ページ
  • 2019/05/06(月)発行
  • 郁子匠 著「レーシングデイズ」に登場する女性メカニック、本村海を主人公に据えたスピンオフ長編作品。どなたでも楽しめる青春小説です。

     【あらすじ】

     森屋の死を知ってから一週間。海は家業の仕事に忙殺されていた。

     クレーマーおばさん。そりの合わない父親。いつの間にか目減りしていた己の可能性。将来の不安を、気の置けない常連客との息抜きで紛らわす。なにかを置き去りにした。そんな想いを引きずって、海の毎日は過ぎていく。

     そんな海の心の支えが、メカニック兼監督としてレースに参加することだった。

     レースが終わり、疲れ切った海の前に現れたのは、友人のレーサー月足晶。森屋のことをそれとなく訊くが、彼の口が出た言葉は、海の思いもよらないことで――。

     夢を追う苦しさと喜び、そして精一杯生きる意味を問う、切なく熱い青春ストーリー、第二章。

    ※本書は長編小説「遺書を書くには最高の日」の第二章を抜粋したものです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

遺書を書くには最高の日 Chapter1遺書を書くには最高の日 Chapter2

「気になる!」集計データをもとに表示しています。