こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ある地点から2 −呼出音−

  • オ-54 (ノンフィクション|エッセイ・随筆)→配置図(eventmesh)
  • あるちてんから2 よびだしおん
  • 西岡真知子(ヒポポタマス)
  • 書籍|B5
  • 64ページ
  • 500円
  • ある地点からシリーズの第3作目です。
    テレビ番組制作会社を退社し、コールセンターに勤務していた時に出会った人々を中心に全15話を描きました。
    ほぼ全員が派遣社員で、その職場には多様な人々が勤務していました。
    電話口の”誰か”ではなく、”彼”が紡ぐ話を記録しました。

    「どうせ、このままだらだらバイトしながらバンドするんだろうな、と思ったから。」(03.jinish-san)
    私と付き合っていることを当たり前だと思 わないでほしいんです。」 (06.shinou -san) 
    みんなか羨むポジションをとっていくっていうのが、僕のやり方っていうか。そう あるべきだと思ってるんで。」(12.yusuketani-san)

    短いお話なので、一話だけでも読んでいただけると幸いです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ある地点から0 −ノゾキアナ−ある地点から1 −ひび割れ−ある地点から2 −呼出音−

「気になる!」集計データをもとに表示しています。