こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

愛をくれ

  • B-56 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • あいをくれ
  • 安藤エヌ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 112ページ
  • 600円
  • 2018/11/25(日)発行
  • 2017年11月23日、第25回文学フリマ東京にて頒布した中編小説「愛をくれ」。 著者である安藤エヌの実体験を織り交ぜて書かれた本作は、文字通り、 「魂の半分をそこに落とし込んだ」作品となった。 自分の内に潜む暗い過去を回想して描くのは苦しく、何度も立ち止まりながら、それでも歯をくいしばって書ききった作品だという。 本作には、LGBTや産後うつ、精神疾患などといった現代人が直面すべき問題に真正面から向き合い、そこから浮彫りにされる「愛」を、全編通じて描いている。そのうち、同性を好きになる体験と、精神疾患と闘う描写は、著者が実際に経た体験に基づいて描かれている。
     ―――――――

    「私はこの物語を通じて何を伝えたかったのか。 それは、愛とはこんな風に、時には何にも劣らない強い結晶としてそこに存在することが出来るのだ、ということです。 愛し、愛されるのに相応しい姿などありはしない。ありのままの、傷ついた身体で、受け入れなければいけない。これは私の、じゅんと透の、そして誰しもの愛の物語です。 今年の文学フリマでも、沢山の方にこの作品を手に取っていただけたら嬉しく思います」

    ​ ―――――――

     表紙イラストには、イラストレーター・漫画家としてご活躍中の依茂 歩さん。 相談を重ね出来上がった、向日葵を抱く主人公・宮地じゅんの娘、透の姿。 意志の灯った力強いまなざしに吸い込まれそうな魅力を描いて下さった依茂さん。 彼女の作品を見て、どうしても本作第二版の表紙をお願いしたく依頼したところ、快く受諾してくださいました。素晴らしいイラストを描いて頂き、感謝に尽きます。本当に有難うございました。 小説「愛をくれ」のサンプルは、noteにて公開しております。 https://note.mu/7th_finger/n/naa789a49620c

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

愛をくれ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。