こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ペーパークラフト

  • エ-09 (小説|恋愛)→配置図(eventmesh)
  • ぺーぱーくらふと
  • 平間みなの
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 224ページ
  • 1,000円
  • 2018/11/25(日)発行
  • 『この世界は紙のように丈夫で、紙のように脆い』 現代恋愛小説。東京・池袋と軽井沢を舞台にした、明るいようで仄暗い、大人の恋と罪と傷の物語。
    4年ほどかけてWebで連載していたものに、大幅な修正を加えた「完全版」として発行します。

    時は初夏、場所は東京・池袋駅、西口方面。
    あるバーで、20代後半の主人公・山松裕樹(やままつ・ひろき)は、知り合いの不思議な女―南道睦(なんどう・むつみ)―昔好きだった人と再会する。 だが、南道は山松と離れている間に背負った、ある「秘密」を人知れず抱えていた。
     彼女に再び恋をし、その「秘密」を知った時、山松の日々が一転し、南道が好きだという紙工作―ペーパークラフトを通じて、彼女への愛を深めていく。

    しかし、南道が隠していた「秘密」は一つではなかった。
    やがて時はその年のお盆、山松の帰省先の田舎の親戚との確執、南道の別荘での休暇、そしてそれらをきっかけに、山松は未だ知らない、彼女のより重い「過去」に触れていく――

    ・終盤、軽いグロシーンがありますが、ハッピーエンドです。

    初出:2018年11月25日 「第27回 文学フリマ東京」

    ※「平間みなの」と「イール」は同一人物です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

バックパックと海月雲ペーパークラフトミッドナイト・ステイションズ -『玉南一家』で百物語-ヘイセイ・サマー・エンドロール

「気になる!」集計データをもとに表示しています。