こちらのアイテムは2018/5/6(日)開催・第二十六回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十六回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

プシュケの聲

  • B-27 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • ぶしゅけのこえ
  • 佐和島ゆら
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 70ページ
  • 400円
  • 掌編4本収録

    「プシュケの声」

    ――好きな人にシたいと言われたら、あなたは面白そうに笑うのね

    あらすじ

     
    和輝と付き合っている志乃は、ホテルに泊まった夜、彼を求めて「誘い」をかける。 そんな志乃に和輝は「エッチになったなぁ」と笑うのだった。 和輝の態度に違和感を持つ志乃。 その違和感の正体と、そして「女」というしがらみを感じた時志乃は「自分だけ」の静かな「快楽」を求めるのだった。

    本文サンプルはこちら(http://www.huyuki0.iza-yoi.net/psyche.html


    「シュメルツの女と海」


    「シュメルツの女の夜」


    ――その女から生まれる子供は、不幸になると世界は指を差す。

    あらすじ


    産む子供が障害者になる可能性が高いと言われている、障害者の女。
    そんな女がプロポーズを受けた。
    彼女の思いと、恋人の心はーー。
    「シュメルツの女と海」

    シュメルツの女と海の前日のお話。
    障害者の女の中に巣くう夜のような思いとはーー。
    「シュメルツの女の夜」

    「空っぽドール」

    ーー何にもないのに、どうして私に構うの。

    あらすじ

    Twitterで盗作した作品を自作品として偽り、注目と心配を集める真由。
    18歳のまゆちゃんを名乗る彼女の心は、何にもなれない、孤独さに満ちていた。




ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

雨と罪プシュケの聲

「気になる!」集計データをもとに表示しています。