こちらのアイテムは2018/5/6(日)開催・第二十六回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十六回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

雨と罪

  • B-27 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • あめとつみ
  • 佐和島ゆら
  • 書籍|A5
  • 30ページ
  • 100円
  • 2018/05/06(日)発行
  • 小説2本収録。

    ――知らずに人妻の間男になった高校生、叔父の嫁に誘拐される。

                                   (表題作 雨と罪より)

    あらすじ

    付き合っていた彼女が「人妻」だった。

    突然彼女の夫を名乗る人物から「妻と別れて欲しい」と言われた春太。

    彼女にその真実を聞くと、泣くわ騒ぐわの大騒ぎ。その修羅場を友達に目撃され、春太は学校に行きたくなくなってしまう。

    そんな時、母方の叔父の嫁の「草子さん」が食事に誘ってくる。

    レストランで草子さんは「あなたを誘拐して、良いかな」と言い始めて……。

    試し読みはこちら(https://note.mu/sawajimayura227/n/ncfd1f6757426


    ーー20年前に死んだ幼なじみが、桜と共にやってきた。

                                 (同時収録 心に焔をより)

    あらすじ

    桜咲く祭りの日、とある町は賑わっていた。

    時計職人のグランは、仲間から「時計職人をやめる」という話をされる。

    時代の流れで時計職人の需要が減っていたため、グランも辞める決意を固めていた。

    だがそんな現状に面白くないグランは、町の高台の作業場で、やけくそに歌を歌いながら酒を飲んでいた。

    そんな時に、若い男が自分に声をかけてきて……。

    WEB再録(https://note.mu/sawajimayura227/n/nca72dd96c4b5



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

雨と罪プシュケの聲

「気になる!」集計データをもとに表示しています。