こちらのアイテムは2016/11/23(水)開催・第二十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道 1971〜1976

  • オ-51〜52 (評論|文芸批評)→配置図(eventmesh)
  • じゅりーのしんぐるきょくでたどるしょうわおんなのいばらみち
  • 小宮山裕
  • 書籍|新書判
  • 184ページ
  • 1,000円
  • 2016/11/23(水)発行
  •  ジュリーというニックネームで知られる歌手・沢田研二は、ある年代以上の日本人ならまず知らない人はいないだろうという国民的スターです。私も、子供のころはファンというほどではありませんでしたが、シングルで発売されてテレビで歌っていた曲は、聴けば「あ、これ知ってる!」と、ほとんどの曲を即座に口ずさめるほど記憶に刻まれています。
     そんなふうに、子供のころから無意識レベルで焼き付けられていたジュリーのシングル曲の数々ですが、思えば、ジュリーがソロデビューしてからテレビに出まくってヒット曲を連発していた1971年から1985年ごろまでの約15年間というのは、私が9歳から23歳ぐらい。自分自身が「女」を自覚し(させられ)、「女」であることで様々な問題に直面してきた時期とほぼ重なります。そして、ジュリーの当時のシングル曲は、ほとんどがラブソング。当然、歌詞の中には「君」「あなた」「おまえ」という、おそらく「女」であろう相手が出てきます。歌は世につれ世は歌につれ(古い)ですから、その間の世間の変化、主に女性に対する考え方の変化は、私がリアルタイムで経験してきたことにも連動するし、その当時の世間が考えていた女性像みたいなものをジュリーのシングル曲をネタにして掘り下げてみたらおもしろいんじゃないかと思い付きました。(「はじめに」より)

    本書は、ブログ【本を買ってください】の「ジュリーの曲で考える昭和女性幻想」カテゴリに書いた記事をまとめ、加筆修正したものです。


    《収録曲》
    • 君をのせて
    • 許されない愛・あなただけでいい・死んでもいい
    • あなたへの愛
    • 危険なふたり
    • 胸いっぱいの悲しみ
    • 魅せられた夜
    • 恋は邪魔もの
    • 追憶
    • 愛の逃亡者
    • 白い部屋
    • 巴里にひとり
    • 時の過ぎゆくままに
    • 立ちどまるなふりむくな
    • ウィンクでさよなら
    • コバルトの季節の中で

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

稀人舎通信SPECIAL6号稀人舎通信SPECIAL7号稀人舎通信SPECIAL8号稀人舎通信改2号僕たちはおなかがすく。ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道 1971〜1976palette未入籍別居婚~私の結婚スタイル~二人になるまで一人旅光の疵ベルリン、記憶の卵たち(1)WINTER

「気になる!」集計データをもとに表示しています。