こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

「聴け、蒼天の詩を」第1章

  • ケ-22 (小説|その他)→配置図(eventmesh)
  • きけそうてんのうたをだいいちしょう
  • 椋岡成美
  • 書籍|A5
  • 58ページ
  • 400円
  • 2016/01/31(日)発行
  • 梅雨前の快晴の昼盛り、車掌として本務で乗務中の列車で、車内改札要員として便乗中の同僚が倒れ、更に彼の体調を巡り、終着駅で運転士と言い合う……仕事一筋に生きてきた多摩川高速鉄道の車掌、品川希望が運転士となり、度重なる困難に立ち向かい、再婚して小杉希望に至るまでの半生を描く、長大作品の「第1章」です。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

「聴け、蒼天の詩を」第2章「聴け、蒼天の詩を」第1章眠りゆく車両へ恋の遺失物預かり所

「気になる!」集計データをもとに表示しています。