こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

言伝は時計にのせて

  • エ-01 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • ことづてはとけいにのせて
  • 蒸奇都市倶楽部(シワ)
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 68ページ
  • 300円
  • 2014/11/23(日)発行
  • おすすめ!

         どうして口下手に生まれついたのだろうか
      機械が相手でなくてももっと雄弁でありたいものだ
      口下手は口数が少ないから口下手なのではない
       気持ちの表し方を知らないか
    ら口下手なのだ

    機械の修理などを手がける機関調律師を志す『私』は、実務を積んで腕を磨くため大学の友人のつてで簡単な仕事を回してもらっている。
    春先のある日、『私』は碩学級の機関調律師、平岩氏の邸宅にある柱時計の調律を依頼された。
    伯爵夫人は亡夫を「仕事ばかりの人だった」と評するが……。

    ◇概要
    68ページの短編となります。
    こちらで立ち読みもできます。(創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま)
    また、電子広報(URL欄)では実物と同じ仕様で数ページを公開しております。
    ※蒸奇都市倶楽部の作品群は共通の世界設定を用いておりますが、この作品だけでもお読みいただけます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

蒸奇都市倶楽部 頒布作品一覧【新刊】手向けの花は路地裏に【新刊】身を尽くしてもなお沈み蒸奇都市倶楽部報「蠱中の天」言伝は時計にのせて蒸奇画報蒸奇都市倶楽部報「地底の大機関」(第二版)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。