こちらのアイテムは2015/5/4(月)開催・第二十回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

桜花二(ラバウル編)

  • Eホール(1F) | B-02 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • おうかにらばうるへん
  • 神風零
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 200円
  • 2011/08/14(日)発行
  • 真珠湾攻撃後、南方に展開した大日本帝国海軍航空隊。
    純矢らの部隊は、ニューギニアにあるラバウルに転出したが、補給が続かず、畑仕事をしながら米軍と対峙していた。

    当初こそ無敵であった彼らも、やがて米軍が反攻を開始すると、機材も搭乗員も足りなくなり、熟練搭乗員を次々と失っていく。

    その中で、純矢の異質な闘争心が露わになっていき……。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

桜花五(終戦編)桜花一(戦前編)桜花二(ラバウル編)答え合わせは、後でいい。桜花三(内地編)桜花四(比島編)飢餓の果て坂の向こう回る天 一(捕縛編)桜花六(硫黄島編)夏の淵戦争が終わる

「気になる!」集計データをもとに表示しています。