こちらのアイテムは2015/5/4(月)開催・第二十回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

回る天 一(捕縛編)

  • Eホール(1F) | B-02 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • めぐるてん いち ほばくへん
  • 神風零
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 200円
  • 2014/05/05(月)発行
  • 世界平和を守るため、軍事力を否定する国から彼らは戦場に派遣された。

    兵士たちは戦地で毎晩日記をつけることを義務付けられている。戦友を失い、自身も怪我を負う日々の中、彼らは言われるまでもなく苦悩を手帳に綴った。
    だが、一人だけ実際起きた事柄しか書かない兵士がいた。

    ある日、中隊長の遠藤は、ただひとり、自分の感情を記載しない安原を呼び出して、とあることを強要したのだった。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

桜花五(終戦編)桜花一(戦前編)桜花二(ラバウル編)答え合わせは、後でいい。桜花三(内地編)桜花四(比島編)飢餓の果て坂の向こう回る天 一(捕縛編)桜花六(硫黄島編)夏の淵戦争が終わる

「気になる!」集計データをもとに表示しています。