こちらのアイテムは2023/7/9(日)開催・文学フリマ札幌8にて入手できます。
くわしくは文学フリマ札幌8公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

WHITE ALBUM 第二号

  • い-11 (小説|純文学)
  • ほわいとあるばむ だいにごう
  • 夜の会
  • 書籍|四六判
  • 190ページ
  • 800円
  • https://twitter.com/yorunokai
  • 2023/7/9(日)発行
  • 夜と音楽を愛する全ての者へ


    小説とオリジナル楽曲のコラボ作品集です。


    ◆小説『夜間避行』(麻大)

     「自由が、嫌なんです」

     高校三年生の水沢静は進路を決めあぐねていた。ある程度裕福な家庭に育ち、成績も優秀。しかし、自分に心から向き合ってくれる人はいない。誰も自分の本心を知らない。それは、彼女自身も同じだった。

     だから、彼女は今日も夜の街に出かける。片手にノンアルコールビール、片手に水蒸気の出る電子タバコ。ギリギリの「避行」が、自由から解放してくれると信じて―。


    ◆小説『彩雲』(すーさん)

     売れないバンドマン、バンドはやめて、仕事に専念。
     仕事と音楽、恋愛、色々悩んで飲み歩く主人公が、音楽の楽しさを再認識する物語。
     小説と音楽のコラボレーションをどこまでできるのか試してみました。


    ◆連載エッセイ『会長動静』(楠見)

     大学時代の仲間3人が集まって結成したサークル「夜の会」。
     その日常と思索を綴ったエッセイ。
     ゆとり世代がほっつき歩く、現代という名の迷路。
     会長・楠見がnoteに投稿したブログを基に、書き下ろしを加えて寄稿しました。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

WHITE ALBUM 第二号WHITE ALBUM 創刊号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。