こちらのアイテムは2021/10/3(日)開催・第六回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

亡骸のクロニクル

  • い-10 (詩歌|現代詩・散文詩)
  • なきがらのくろにくる
  • 二条千河
  • 書籍|四六判
  • 96ページ
  • 2021/07/21(水)発行
  • ★文フリ特典有!

    東日本大震災の前年から北海道胆振東部地震の翌年まで──故郷・札幌を離れ、白老町で暮らした10年足らずの間に発表した中から選んだ23編。

    表紙のロケ地は、最もお気に入りの場所だった「ポロトの森」。同町で活躍するフォトグラファー・永楽和嘉さんに撮影していただきました。

    地に伏した1本の朽ち木から開闢する世界、歪んだ時空の混沌から紡がれる物語、祈りの化石として遺される文字、そして”喪の明ける方角”とは……?

    四六判96ページの小さな宇宙史を、どうぞお楽しみください。

    目次です↓

    ●ひとつの開闢
    Universe

    ●ひずむ時空
    ジオラマ/化石/開眼/Tales of Tails/パンゲアの食卓/オセロ・ライフ/極点の時差

    ●淘汰の経緯
    英雄譚/風見鶏/ユートピアン/不毛の神/駅長/一線/宝典

    ●祈りの象形
    改元/口実/証 ─「白」字解/虜 ─「幸」字解/明晰夢 ─「眠」字解/叛旗 ─「北」字解/観音

    ●未明を越えて
    服喪

    あとがき

    帯文はこちら↓

    今、踏んだのは誰の骨
    〈北〉の思考の理路は厳しい。媚もごまかしもない峻烈で明晰な言葉が生の謎と対峙するとき、断固たる詩の構えが立ち上がる。地球史をも突き抜ける壮大なイマジネーションはあらゆる世の涯をこえて「喪の明ける方角」を指し示すだろう。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

亡骸のクロニクル宇宙リンゴのID赤壁が燃える日—現代詩「三国志」—

「気になる!」集計データをもとに表示しています。