こちらのアイテムは2023/9/10(日)開催・文学フリマ大阪11にて入手できます。
くわしくは文学フリマ大阪11公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

その神奈備に、弔いを(上)

  • F-34 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • そのかんなびに、とむらいを
  • 硯哀爾
  • 書籍|B6
  • 188ページ
  • 800円
  • 2022/7/16(土)発行
  • 三年に一度行われる村祭り。土着の神に神楽を捧げた乙女たちは、皆惨たらしく殺される──。  
     山奥に存在する金峰村──その村長の孫娘の身代わりとして攫われ、神楽舞の舞い手の任を担うこととなった美貌の青年、波分篝。本意ではない中で村祭りへの参加を余儀なくされた篝は、狭苦しい村の呪縛から逃れようとする村長の娘、桐花と共に犠牲なき祭りの成功を目指して奔走する。
     かつて打ち倒された鬼の伝承、大樹の形をした神、集落を襲う異形の獣。謎めいた山村に立つ青年は何を思うのか。

      カクヨムでの連載版に加筆・修正を加えた形になります。 

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

炳煥終焉譚 一理想郷狂詩曲 1春陽その神奈備に、弔いを(上)その神奈備に、弔いを(下)炳煥終焉譚 二理想郷狂詩曲2太陽に最も近い場所質疑応答は浮遊式理想郷狂詩曲Ⅲ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。