こちらのアイテムは2022/9/25(日)開催・第十回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第十回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

私たちが「産まない」を選んだのは

  • H-08 (評論・研究|その他)→配置図(eventmesh)
  • わたしたちがうまないをえらんだのは
  • 若林理央
  • 書籍|A5
  • 40ページ
  • 500円
  • 2022/05/29(日)発行
  • あえて子どもを持たない選択をした女性たちへのインタビュー、多嚢胞性卵巣障害と診断された筆者の体験談、英国で出版されたチャイルド・フリーについてのノンフィクションの書評、人事担当者から見た「子どものいる人」と「子どものいない人」の職場でのすれ違いと解決策を掲載したZINEです。
    筆者はフリーライターの若林理央、カバーデザインはイトウミドリさんです。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

私たちが「産まない」を選んだのは文章でめし食って9年絶望の恋愛小説

「気になる!」集計データをもとに表示しています。