こちらのアイテムは2020/9/6(日)開催・第八回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第八回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

我楽多街話集 月狂兎の話

  • C-24 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • がらくたまちわしゅう げっきょううさぎのはなし
  • 宇津木健太郎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 165ページ
  • 800円
  • 2019/05/06(月)発行
  • 「さあ、狂った夢で踊ろうか」

    月の裏側で生きていた長身の兎達が育てる絶品の林檎を楽しむには、注意が必要です。(紅色の十月)
    流星を掴まえて食べた男を待つ結末とは。(星を食べた男)

    Twitter上にて発表してきた作品を厳選し加筆修正を加えた、
    冷たくも温かく、残酷にして美しい、唯一無二の異空間へと読者を導く作品集。

    32本の詩と33本の掌編小説の他、投稿サイトエブリスタ企画、
    『終末・退廃・ディストピア』のジャンルにて準大賞を受賞した短編、
    『Mermaid & Bathysphere』収録。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

我楽多街話集 三月海月の話拝啓、世界の底より我楽多街話集 月狂兎の話土星の日我楽多街話集 夢鯨の話オンライン販売(BOOTH)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。