こちらのアイテムは2020/9/6(日)開催・第八回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第八回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

拝啓、世界の底より

  • C-24 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • はいけい、せかいのそこより
  • 宇津木健太郎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 210ページ
  • 800円
  • 2018/08/19(日)発行
  • ジャンル:ファンタジー/SF

    巨大な縦穴で生きる、二つの民族がいた。
    一つは、この国の支配層、リン族。
    もう一つは、被差別民族として下級階層に生きる、トン族。

    リン族による、魔術と配給品が完全に管理されたこの国で、
    両民族はお互いに憎悪の感情を募らせていた。

    トン族の青年マルクは、或る日、『魚』が壁の外壁に墜落しているのを目撃する。
    そして政府に隷属し、トン族に因縁を持つ元義賊組織『赤い鷹』に所属する貴族の娘シーリーンは、
    その落ちた『魚』の調査を命じられた。

    やがて或る一つの事件を契機として、
    彼らは無慈悲な現実に立ち向かう事となる...

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

我楽多街話集 三月海月の話拝啓、世界の底より我楽多街話集 月狂兎の話土星の日我楽多街話集 夢鯨の話オンライン販売(BOOTH)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。