こちらのアイテムは2019/9/8(日)開催・第七回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

サボテンの子どもたち

  • B-20 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • さぼてんのこどもたち
  • 永坂暖日
  • 書籍|A5
  • 78ページ
  • 800円
  • 2017/10/28(土)発行
  • 寺島家の三きょうだいを中心に繰り広げられる、何気ない日常を綴った4編の短編連作集です。

    必勝の条件
     わたしはものをよく落とす――そそっかしい大学一年生の高橋晶は、ひょんなことから一年前の出来事を思い出す。

    サボテンの子どもたち
     寺島家にはサボテンが多い。母の趣味だ。大輔は、母がサボテンにはまったきっかけを知らない。

    銀杏夜話
     彼氏にフラれてやけ酒をした夜、寺島静香は神社で不思議な現象に遭遇する。

    一夜限りの境界線
     恋人とディナーを楽しんでいた寺島有香は、遠くへ転勤することになったと恋人に打ち明けられて……。

    試し読み:https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9574898

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【新刊】少年よ、塵の中で躍れ天体観測【新装版】嘘つき王女と隻腕の傭兵魔女の婿取りサボテンの子どもたち永坂残酷物語

こちらのブースもいかがですか? (β)

MYST&CLAST  サラバ道徳  SiestaWeb  驕逸狂詩曲  Our York Bar  灰青  藍色のモノローグ  稲麻竹葦  出張処らるす  HOLOTYPE  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。