こちらのアイテムは2019/9/8(日)開催・第七回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

みてる凪が見ている

  • B-13 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • みてるなぎがみている
  • あずみ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 70ページ
  • 400円
  • 2019/02/24(日)発行

  • ――それでも特別な、色で、風景よ。
    いたしいもんじゃね。

    海と川のあわいで育った汽水の住人。
    引き合い、混ざり、行きつ、戻りつ、
    半端にたゆたう泥。故郷への思いもまた。

    素描しようとしても輪郭が取れない。
    語ろうとすれば喉奥が詰まる。

    そんな言葉にならない愛憎や諦念を
    美しい広島の情景に織り込んだ
    現代もの短編小説5篇と俳句を収録。


    収録作品


    「あやかしさんと!」
    (2017年 web公開 加筆修正)

    「懐郷スケッチ」
    (2018年 web公開 加筆修正)

    「もがれないlemonの話をしてもいい?」
    (2018年 合同誌「常葉の書架」初出 加筆修正)

    「汽水町一丁目」
    (本書のための書き下ろし)

    「消滅可能性私達」
    (2015年 痛覚様発行「きみとダンスを 百合詞華集」初出)

    「ラミングの舟はゆく」
    (本書のための書き下ろし)




ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ワスレナウタ【新装版】WEDDING INVITATIONみてる凪が見ている城崎にて?—We stayed at Kinosaki Onsen to write fiction.

「気になる!」集計データをもとに表示しています。