こちらのアイテムは2019/9/8(日)開催・第七回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

GIRLOVER

  • A-12 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • がーるおーばー
  • にゃんしー
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 242ページ
  • 1,000円
  • 2019/05/06(月)発行
  • にゃんしー最後の少女作品。

    「XXXXには何が書いてあるのか分からない」
    群像新人文学賞 4次通過作

    「チガヱ」
    太宰治賞 1次落選作

    以上の2作を収録。

    ■XXXXには何が書いてあるのか分からない
    イチローに憧れていた、イチローと同じ名前を持つ韓国人の少女が、
    イチローを産んだ「野球の国」日本を訪れる。
    クソババアとヨルからは、それぞれXXXXと野球のボールを託される。

    クソババアは「日本ではXXXXが助けてくれる」と言った。
    そんなわけはないと思う、だって、XXXXには何が書いてあるのか分からないし。
    わたしを助けてくれるのは、野球のボールのほうだ。
    牛皮に書かれた一文字の漢字は、ふしぎとその意味が分かるような気がした。

    韓国語で「たぶん」という意味を持つあいまいな日本の町で、
    少女はセン・モモというおじさんと、レイという女の子と出会う。
    彼や彼女とふれあいながら、少しずつXXXXの意味を分かっていく。

    「わかること」を問う少女の純文学。

    ■チガヱ
    閉ざされた町、冬幻郷で、母親の世界と暮らす少女チガヱ。
    彼女はさかごで産まれた産まれながらの反逆児だった。
    だから、どうやって死ねばいいのか分からない。
    自分を内包する生と性への反逆を試みる、ハードコア純文学。
    ※カクヨムに全文掲載しています。
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054885288041

    表紙:泉由良

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

GIRLOVER平成バッドエンドキャンディと王様第1巻キャンディと王様第2巻キャンディと王様第3巻戦場の風使いいつかの水晶山天地創想

「気になる!」集計データをもとに表示しています。