こちらのアイテムは2019/9/8(日)開催・第七回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

仏化の劫火

  • A-18 (小説|純文学)
  • ぶつげのごうか
  • 大坪命樹
  • 書籍|B6
  • 92ページ
  • 300円
  • 2018/01/31(水)発行
  • この作品は、第四十七回新潮新人賞に応募した作品です。あきらかに、賞の大きさに対して力不足の小品ですが、あとから自分で読み返してみて、却って好きになったものでもあります。
     精神障碍者の乾武は、病院へ行く途中にある峠の南露寺に時折参拝していたのですが、その寺に住む十條友美に出逢い、次第に恋に落ちていく。そこへ、南露寺の住職、円信が重病に罹って逝去する。寺院で通夜の日の昼間に、禁じられたかのような武と友美の恋は、寺院と共に燃え上がるが……。
     題名の「仏化の劫火」という言葉は、一見造語で構成されているように思われるかもしれませんが、「仏化」というのは歴とした仏教用語であります。発菩提心したするときに、その人の環境全てが仏事を為して、世界が仏と化することを言います。つまりは、世界の終焉たる劫火により、一切の有情無情すべからくが、成仏するという壮大な題名です。
     この小説の中で、「仏化」とは何であるのか、「発菩提心」でありうるのか、というのは、非常に難しい線ではありますが、少なくとも円信住職の南露寺を道連れにした逝去は、「土地草木瓦礫みな仏事をなす」状況の具現化として感じられて、武や友美をして仏化させたのではないかと、そのように感じさせるラストに仕上げたつもりです。
     しかし、題名ほど難解なストーリーではないので、仏教に詳しい人はもちろん、詳しくない人達にも是非御一読戴きたい一冊です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

菩提人アマプレベスベートーヴェン交響曲「幻影」空華第六号空華第七号空華第八号空華第九号(品薄)飛梅6舞台裏のルーレット仏化の劫火鞭と人参

「気になる!」集計データをもとに表示しています。