こちらのアイテムは2018/3/25(日)開催・第二回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

さよの夏、冬 ー ヴロンド・ウィナースと記章亡者

  • ウ-05 (小説|ホラー・怪奇)→配置図(eventmesh)
  • さよのなつ、ふゆ ヴろんど・うぃなーすときしょうもうじゃ
  • 飯田洋子
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 62ページ
  • 500円
  • 2018/03/25(日)発行
  • 1930年代のアメリカ映画と妖鬼。
    ふたつの異界に触れた少女とその後をめぐる物語。

    1935年、夏。
    日本海側の物流起点のまちは活況を呈し、大正ロマンの残り香が暮らしを彩る。
    そこで生まれ育った8歳の内田さよは、映画チラシの中の美女ヴロンド・ウィナースのとりこになった。

    1938年、冬。
    まちは若者の出征と戦勝ムードに沸き、さよは11歳になった。
    「強欲の化けもんのようだ」
    軍人傷痍の勲章を付けた徘徊者の噂が流れ始める。

    ※お茶に合う牧歌ホラー短編集『怪怪あつめ』との両表紙出版。さらに文フリ特価、お得です。計140ページ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

さよの夏、冬 ー ヴロンド・ウィナースと記章亡者怪怪あつめ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。