こちらのアイテムは2023/1/15(日)開催・文学フリマ京都7にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都7公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

太陽の子供たち

  • か-10 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • たいようのこどもたち
  • 九曜
  • 書籍|A5
  • 54ページ
  • 500円
  • 2023/1/15(日)発行
  • 草原の姫君が砂漠の皇帝にお輿入れの運びとなりました。長い旅の末、彼女は彼に出会いますが、夫になる方に何の感慨も覚えられません。
    その頃、市場の街からとある魔法使いが皇帝の都を訪れました。そのとき、都を時ならぬ日食が見舞います。姫君は後宮を抜け出し、都の門で魔法使いと出会います。
    これが姫君と魔法使い、皇帝と帝国の運命を変えることになるとは、今は誰もまだ知らないのでした……

    千夜一夜物語のように語り部が紡ぐ、どこか中世ペルシャに似た世界のお話です。
    おとぎ話のような一編です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

太陽の子供たちひなぎくの君

「気になる!」集計データをもとに表示しています。