こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

推理文化誌・探偵春秋 第三号

  • い-02 (小説|ミステリー)→配置図(eventmesh)
  • すいりぶんかし たんていしゅんじゅう だいさんごう
  • ウチダ勝晃 河内谷杏 常光幸 獅子狩和音 リポヒロ 苺野福大
  • 書籍|A5
  • 28ページ
  • 500円
  • 2022/01/16(日)発行
  • 推理小説の中に出てくる、自分たちにはちょっと馴染みのない文化、モノ、土地のハナシ……。
     そんな様々なガジェットや遊びを、その筋の玄人たちが面白おかしく紹介する「粋な都会派」を自称する文化系雑誌、「探偵春秋」もついに三号目。
     春なお遠き一月、おこたでの読書にピッタリの一冊です。
    【CAPTION】
    連載記事
    「酩探酊の酩酔理 金田一耕介と一級酒」(ウチダ勝晃)
    「苺野福大の銀幕のない名画館 呪術廻戦0鑑賞記」(苺野福大)

      エッセイ
     「続・馬客をさわがす 菊花賞顛末記」(常光幸)
      「あったかもしれない宴会」(獅子狩和音)
    「ミステリの名手・米澤穂信が描く、甘美なる哀愁」(リポヒロ)

    コント
    「味噌煮込みヒューマン」ほか数編(河内谷杏)


    読切小説 「ハリスの晩鐘」(ウチダ勝晃)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

西日本短編推理傑作集「WEST-EYE」 No.4  トラベルミステリー特集号西日本短編推理傑作集「WEST-EYE」 No.5  アリバイ崩し特集号推理文化誌・探偵春秋 第三号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。