こちらのアイテムは2020/1/19(日)開催・第四回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

鍵師 稀音家旬之助 四(前)

  • お-18 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • かぎし きねやじゅんのすけ
  • 九条 叶芽
  • 400円
  • 開かずの錠の鍵である、椿花弁の飾り――。だがそれは、二枚ないと鍵として成り立たない。居候である信忠さんの口から出た「我らのぜ――」という言葉。その後、歳さんから出た「箸置きみてえだな」という言葉。そこから、椿花弁の飾りが織田親子と縁ある物だと考えた旬之助は、彼らが宿所として利用していた某寺へ、殿(信長)とともに向かった。しかしそこで、何故か、殿(信長)の命令で、古い経蔵の解錠作業に来ていた商売敵の解錠作業を手伝うことに……。椿花弁のもう一枚は、いったいどこにあるのか。対を追う物語です

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

鍵師 稀音家旬之助 四(前)Arcadia7代目はお嬢様に恋をする。初恋Wワーク編秘め恋 憧れ王子様は眼鏡男子鍵師 稀音家旬之助 壱〜参

「気になる!」集計データをもとに表示しています。