こちらのアイテムは2020/1/19(日)開催・第四回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ぼくの手がまだ触れない

  • え-06 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • ぼくのてがまだふれない
  • 深山瀬怜
  • 書籍|A5
  • 122ページ
  • 700円
  • 2019/01/21(月)発行
  • 【あらすじ】
    未来なんてわからない。誰かが決めてくれればいいのに――。

    そう考えていた実紀の前に、死んだ叔父・理人の知り合いだという記憶を喪った少女・響が現れる。
    響の出現により、実紀は作曲する機械《Schweigen》と人に希望をもたらすという《光の雨》をめぐる争いに巻き込まれていく。

    音楽に全てを捧げて死んだ理人と、そうはなれないと未来から目をそらした実紀、そして「使命」を抱く響――。
    その先に《希望》はあるのか。

    【キーワード】
    記憶喪失・作曲する機械・現代音楽・少年少女・ナルコレプシー・師弟関係















ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

sync 3—Buzzer Beater—sync 2—Guinea Pig—sync 1—the Voice of Passion—ぼくの手がまだ触れない

「気になる!」集計データをもとに表示しています。