こちらのアイテムは2020/1/19(日)開催・第四回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

まるで星屑が零れたようだった、頬を流れる雫には気付かないふりをした

  • う-04 (小説|純文学)
  • まるでほしくずがこぼれたようだった、ほほをながれるしずくにはきづかないふりをした
  • 萌芽つゆり 七瀬亜依香
  • 書籍|新書判
  • 2020/1/19(日)発行
  • 愉快な仲間たち()による
    文頭・文末統一本


    「まるで星屑が零れたようだった」

    「頬を流れる雫には気付かないふりをした」

    この二つの文章から、あなたはどんな物語を想像するでしょうか。

    同じはじまりと、おなじ終わり。なのに全く別の二つの物語をお楽しみください。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

平成最後だとしても、今日も今日とてただの一日だからその青年はかく語れりまるで星屑が零れたようだった、頬を流れる雫には気付かないふりをした逃げ水君に手向ける花はもう決まっている涙色、散る今宵、星降る空から彼方へと

こちらのブースもいかがですか? (β)

灰青  UROKO  コハク燈  ザネリ  サラバ道徳  卯楽々堂  最小公倍数  痛覚  バイロン本社  ヨモツヘグイニナ  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。