こちらのアイテムは2020/1/19(日)開催・第四回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

声を差し出す

  • せ-10 (詩歌|現代詩・散文詩)→配置図(eventmesh)
  • こえをさしだす
  • 海老名絢
  • 書籍|B6
  • 60ページ
  • 900円
  • 2019/11/22(金)発行
  • 第25回中原中也賞最終候補作です。

    2018年と2019年の詩をまとめました。

     【目次】
    地層のフィルム
    ゆらす
    水あと
    夏、紙片
    ビルの岸辺
    でんわ
    端境期(はざかいき)
    秋雨前線
    燃えて、祝福
    生活
    春の受信
    記(き)
    映すように
    軽快、そっと
    まなつ
    十二分
    時制
    あかるさをもたらす

    日々の足元

    【仕様】
    サイズ:B6
    ページ数:60ページ
    遊び紙:前のみ(色上質紙・サーモン)
    表紙:クラフト紙にモノクロ印刷
    本文:書籍用紙にモノクロ印刷
    印刷方法:オンデマンド印刷

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

川、そして海声を差し出すひかりがやわいきょりかん【新装版】ことばのざんきょう vol.7ことばのざんきょう vol.62666を読むムーミン・コミックスの紹介

「気になる!」集計データをもとに表示しています。