こちらのアイテムは2020/1/19(日)開催・第四回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

我楽多街話集 夢鯨の話

  • え-12 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • がらくたまちわしゅう ゆめくじらのはなし
  • 宇津木健太郎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 246ページ
  • 1,000円
  • 2019/11/24(日)発行
  • 【作品集】 短編・掌編・詩作品収録 本文246ページ

    【あらすじ】
    「52ヘルツの夢鯨と共に、最良の夢の旅を楽しみなさい」

    Twitter上で半年間発表を重ねた膨大な作品群の中から厳選し、
    大幅な加筆修正を加えた作品集。
    作者の頭の中に広がる世界が一つに集約され、、作品群は新たな広がりを見せる。

    鯨と共に歩く夢は、幸福の夢か、或いは悪夢か。
    その答えを、読者に静かに問いかける、珠玉の作品集。

    本作の為の書き下ろし短編、『KIOKUI』収録。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

我楽多街話集 夢鯨の話我楽多街話集 月狂兎の話我楽多街話集 三月海月の話土星の日拝啓、世界の底より

こちらのブースもいかがですか? (β)

ザネリ  卯楽々堂  バイロン本社  サラバ道徳  UROKO  痛覚  灰青  ヨモツヘグイニナ  最小公倍数  コハク燈  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。