こちらのアイテムは2019/1/20(日)開催・第三回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

花のつれづれ

  • お-19 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • はなのつれづれ
  • 花野木あや
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 134ページ
  • 600円
  • 2019/01/20(日)発行
  • サイトに掲載している花にまつわる物語を4つ収録した短編集になります。
    桜、薔薇、椿、そして幻想の花ーーそれら記憶は儚く、悲しく、優しく。

    「薄花の咲きこめて、春と恋う」
    http://primavera.ciao.jp/usuhana/01.html
     大正六年春、京都。あわいもの(妖)を視ることのできる青年・立花柊太郎は、音楽家の男と桜の神様と出逢った。音楽家の哀しい運命を青年の視点から描く物語。
     「薔薇の棘にお気をつけて」
    http://primavera.ciao.jp/short/06.html
    マッカーシズムにより赤狩りが行われた波乱の時代、ハリウッド。女優の卵であるビアンカ・エイリーには愛おしい人がいた。ある手紙に綴られた愛の言葉とは――。
     「寒丹花」
    http://primavera.ciao.jp/short/10.html
    昭和初期の頃。水路と寺の多い町に住むしがない小説家・雪澄はある冬の日、美しい娘と出会う。彼を慕う彼女には遠い過去の記憶と哀しい秘密があった――。
     「君の眠る造花の庭」
    http://primavera.ciao.jp/short/08.html
    二十世紀末。最愛の人を亡くした発明家は同じ夢を見るようになる。やがて彼は恋人を甦らせるためにある発明をするが、それは悲しい幻想でしかなく――。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

花のつれづれDear Ghost

「気になる!」集計データをもとに表示しています。