こちらのアイテムは2018/1/21(日)開催・第二回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

陽はまた昇る

  • え-35 (小説|歴史・古典)
  • ひはまたのぼる
  • 松里咲良
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 44ページ
  • 250円
  • 幕末に、長州藩の仕藩・徳山藩で生まれた偉人・児玉源太郎の青春時代を書いた歴史小説です。
    明治元年、児玉源太郎は17歳になり、献功隊士として旧幕府軍との戦争・秋田へと向かった。秋田に着くと戦は終わっており、旧幕府軍は函館・五稜郭に拠点を移していた。
    戦地で生涯の友・寺内や、陸軍での出世の足掛かりとなる萩藩の山田と出逢う。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

陽はまた昇る夢の途中月下独酌

「気になる!」集計データをもとに表示しています。