こちらのアイテムは2018/1/21(日)開催・第二回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

物の怪百物語 月窓奇譚 一 河童の段

  • あ-05 (小説|妖怪変化・もののけ・常世)→配置図(eventmesh)
  • もののけひゃくものがたりつきまどきたんかっぱのだん
  • miobott
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 40ページ
  • 300円
  • 2017/05/07(日)発行
  • 明治のはじめごろ、捻くれた性格の書生さんが不思議な貸本屋に迷い込み、そこで様々な妖怪の物語を聞く…そんな連作短編集の1話目です。
    最初は河童。
    江戸の日本画×妖怪×書生×明治
    という雰囲気。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

月百話物の怪百物語 月窓奇譚 一 河童の段終の住処のご馳走カレー擬するただいま、おかえり、いただきます。浮き世百鬼のゆうらゆら

「気になる!」集計データをもとに表示しています。