こちらのアイテムは2019/10/20(日)開催・第五回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第五回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

砂糖細工の船—The Despiteful Ghosts—

  • い-34 (小説|児童文学・絵本)→配置図(eventmesh)
  • さとうざいくのふね
  • 酒田青枝
  • 書籍|B6
  • 156ページ
  • 800円
  • 2019/10/20(日)発行
  • 全てが壊れていく。家族も、友達も、世界も。――ぼくが諦めたから。

    海の上には、絶望した人々が大勢住んだ、砂糖細工の船が浮かんでいる――。いじめに遭い、人生に絶望した少年は首を吊る。誰も助けてくれない。誰も寄り添ってくれない。人生に対する勇気ももうない。猫の三毛しか、そばにいてくれない。気を失い、目を覚ますとそこは奇妙な場所だった。部屋はそのまま。しかしドアを開けるとそこは船の上だった。女たちがささやき、泣き叫び、男たちが狂ったように同じことを繰り返すこの船で、少年は小学校時代の同級生の少女に出会う。

    「小説家になろう」他に投稿した作品の改訂版です。暗くて絶望的で、でも幻想がたくさん詰まったダークファンタジーです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

はつかねずみの小説家砂糖細工の船—The Despiteful Ghosts—わたしのバーバ・ヤガー

「気になる!」集計データをもとに表示しています。