こちらのアイテムは2018/10/28(日)開催・第四回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

vol.10『地方データ本2〜統計データから見る未来〜』

  • あ-07 (評論|社会批評)→配置図(eventmesh)
  • ちほうでーたほん2
  • クム
  • 書籍|A5
  • 20ページ
  • 300円
  • 2017/12/31(日)発行
  • こんにちは。今回のくむ組むは前回の続編になります。そもそもこの冊子を作ろうと思ったキッカケを振り返ってみると、今は都内に住んでいるけれど、将来的には実家のある田舎町(以後、A町と表記)に戻りたい。でも、いざ戻ろうと思ったときに、A町が元気でないと困る。実際に住んでいない外野だけど、両親も住んでいるし、同級生もたくさん住んでいる。何か直接的にできるわけではないけれど、今自分ができることは、「データを拾い集めて現状を把握し、未来を想像すること」。せっかくなので、その方法を冊子にまとめておけば、他の人も同様に、自治体の未来を推測することができるかもしれない…。と、そんなわけです。
     前回は、地方自治体会計について取り上げましたが、今回はもっと身近な、将来人口減少・少子高齢化になったときに、スーパーとか介護とか大丈夫なのだろうかという問いに迫ります。冊子を通じて、自らが住む自治体の未来を把握する手がかりになればと思います。

    ■少子高齢化で、人口が半分になってしまう自治体。
    ■人口が減少したとき、いろいろな商売は成り立つのだろうか。
    ■現時点で、介護施設は足りているのだろうか。
    ■RESASで、産業構造と製造業の特化係数を調べてみる。
    ■RESASには、一般企業から提供されたデータもある。
    ■さまざまな地方データを集めてみた感想を書いてみる。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

vol.1『国立国会図書館本〜サブカルからみる納本制度〜』vol.2『確率一直線本〜リスクを一直線上に並べてみた〜』vol.3『盗電本〜電気窃盗の歴史からみる無体物窃盗〜』vol.5『くまぬいぐるみ本〜移行対象としてのぬいぐるみ〜』vol.6『葉書本〜はがきサイズの謎と郵便事業の近代化〜』vol.7『国立国会図書館本2〜納本制度の歴史と現在〜』vol.8『左右本〜なぜそれが右でそれが左なのか〜』vol.9『地方データ本1〜自治体決算から見る未来〜』vol.10『地方データ本2〜統計データから見る未来〜』vol.11『商標本 〜商標を先に取られた時に対抗する方法〜』

「気になる!」集計データをもとに表示しています。