こちらのアイテムは2024/5/19(日)開催・文学フリマ東京38にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京38公式Webサイトをご覧ください。

機械仕掛けの親指のうずき

  • 第二展示場 Eホール | え-62 (小説|SF)
  • きかいじかけのおやゆびのうずき
  • メアリ・ロビネット・コワル
  • 書籍|新書判
  • 108ページ
  • 1,000円
  • http://www.hal-con.net/
  • 2024/4/20(土)発行
  • 機械仕掛けの親指のうずき
    メアリ・ロビネット・コワル
    麻宮騎亜:画
    愛するが故に禁断の魔法を使った『塵は塵に』。人体改造が当前な未来で機械の親指を増設するピアニストとそれを厭う両親との葛藤『機械仕掛けの親指のうずき』。疫病と飢饉から国を守るために魔法に頼った王国の運命は『真夜中の刻』。どれもが現代の状況と呼応する三編となるメアリ・ロビネット・コワルの短編集。
    解説/勝山海百合 はるこん書房

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

機械仕掛けの親指のうずき落ち逝くデッド・ゲスト・オブ・オナーのスピーチ剥奪する生金星は花に満ちて静寂の国境天球の音楽彼の歌の示す処テュケーと蟻神は全てをお見通しである我は四肢の和を超えて武道館にて。見上げてごらん。雪玉に地獄で勝算はあるか?夏色の想像力

「気になる!」集計データをもとに表示しています。