こちらのアイテムは2024/5/19(日)開催・文学フリマ東京38にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京38公式Webサイトをご覧ください。

新潮新人賞の最終候補になると何が起こるか日記

  • 第一展示場 | B-11 (小説|純文学)
  • しんちょうしんじんしょうのさいしゅうこうほになるとなにがおこるかにっき
  • 栗山真太朗
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 1,000円
  • 2024/5/19(日)発行
  • 第五十五回新潮新人賞の受賞は逃してしまいました。しかしそれでも、二〇二三年の夏、新潮新人賞最終候補になったら個人的にいろんなことが起こり、気付きがあった良い夏でした。本書ではそんな悲喜こもごもな出来事をエッセイ形式でまとめていきます。駄目だった場合でも、良いことはけっこう起こるんだよと、読者の皆様には他山の石としてもらえれば。

    特にこんな方に読んでほしいと思います。    

    ・小説を書くことや読むことが好きな人  
    ・何か「ものを作る」ということに興味がある人  
    ・文学賞の公募に応募していて選考に興味がある人  
    ・「賞」というものに関わった人がどうなるのか興味がある人
    さらに巻末付録として下記をご用意しました。

    巻末付録1 小説を書くための「読み」「書き」便利術
      「読む」は計画的に、「書く」は衝動的に
       書く人の理想的なインターネットとの付き合い方
       制作環境を整えて快適に小説を書こう
      小説を書くエディタは何を使うか
    巻末付録2 おすすめの「小説の書き方本」
    巻末付録3 文学賞「夢野久作 わたしの、いなか、の、じけん賞」選考通過作  掌篇『もぐりの金貸し』

    ぜひお読みいただければ幸いです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

新潮新人賞の最終候補になると何が起こるか日記la relance花泥棒と秘密の猿たち川町奇譚ニーバー、アイヘイトユウ。カワマチシッソウANOTHER WORKS(+1)黒猫抄人魚との肖像

「気になる!」集計データをもとに表示しています。