こちらのアイテムは2024/5/19(日)開催・文学フリマ東京38にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京38公式Webサイトをご覧ください。

江別駅と街のいま

  • 第一展示場 | G-42 (評論・研究|のりもの・交通)
  • えべつえきとまちのいま
  • たかさご楓人
  • 書籍|B5
  • 30ページ
  • 500円
  • 2022/12/31(土)発行
  • 札幌のベッドタウンである北海道・江別市、その中心地にある江別駅は2022年(令和4年)11月に開業から140年を迎えました。
    待合室やホームという駅の設備に加えて、駅前の街の様子や歴史、周辺にある金融機関、江別駅から延びていた北電専用線の廃線跡などを紹介しています。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ちょっとお出かけ、行ってきます〜2023旅日記〜「きっぷ」が呼んでいる-北の大地を駆け巡る-きっぷのご案内 -北海道2023-江別駅と街のいま追補 1日1往復の駅 札沼線 鶴沼〜新十津川 -2 Years After-北の大地の「きっぷ」に惹かれて 〜常備券に変わった駅へ〜想い出の日高路特急街道の無人駅 -函館本線 江部乙〜近文-

「気になる!」集計データをもとに表示しています。