こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

季刊文科94号

  • 第一展示場 | A-47〜48 (小説|純文学)
  • きかんぶんか94ごう
  • 宮田毬栄、中沢けいほか
  • 378ページ
  • 今号の特集は「父の持ち物・母の持ち物」。
    宮田毬栄×中沢けいの対談のほか、関連作品として、森茉莉「父の帽子」、三浦哲郎「おらんだ帽子」「拳銃」、平野啓一郎「family affair」、伊藤比呂美「鏡」、中沢けい「ブルーバード」を再録する。
    小特集「藤枝静男没後30年」では、名作「一家団欒」を再録し、笙野頼子、青木鐵夫、山本恵一郎、勝又浩のエッセイを収録。
    その他、8月に亡くなった森内俊雄への追悼文を富永正志、富岡幸一郎が寄稿。最終回となる佐藤洋二郎「私小説を歩く」も森内俊雄を取り上げる。創作(小説)の新連載は大道珠貴「くすぐり」、松本徹「金閣寺の建つ庭」。大鐘稔彦「医学と文学の間」が最終回となる。文科(エッセイ)は吉村萬壱、片島麦子、二ノ宮一雄。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

季刊文科94号