こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

主演

  • 第一展示場 | N-11 (小説|純文学)
  • しゅえん
  • 湊乃はと
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 88ページ
  • 800円
  • 2023/11/11(土)発行

  • 残り少ないためお早めに。


    「主演」

    凌雲閣を見ながら、男はその友人のことを考える。
    変化していく生活の中で、兄のことを考える。
    人生の転機を目の前にして、娘のことを考える。
    男の周りにはいつでも、その人生の、その世界の、「主演」となりうるような人間たちがいた。
    男は己の生活に不満はない。
    恵まれた生活の中に感じる不足感は、己が主演たり得ない男であるからか?
    関東大震災後、凌雲閣の爆破解体から始まる、主役ではない男の生活について。
    男はただぼんやりと、主役と呼ばれるものになりたい。

    己を人生の主演ではないと信じる男が、不満のない生活から見る主演の世界。


    冒頭
     どこもかしこも瓦礫の山になった土地で、十二階を爆破させてさらに瓦礫の山を増やすという噂を聞いたので、どうせなすべきこともないと相澤はのこのこ浅草へ出かけていった。何事を考えることなく十二階を目指して歩いていると、噂を聞きつけた似たような野次馬が十二階の麓に集っており、それを制止するものと押し合いへし合いする人だかりとが混在している。その人熱は、この頃の東京中の人間の大混乱を思い起こさせ、それが相澤には甚だ嫌であった。
     あの大破壊からひと月近く経ち、その間に否応なく相澤はその変わり果てた東京市の街並みを見た。そこに住んでいた人間たちを見た。その生活を見た。まだ火の烟るような焼け跡での炊き出しから、夥しい数の行方不明者の張り紙やら呼びかけから、現在では商業の回復をも見ている。相澤も家業の問屋をそろそろどうしようかという段階であったが、それを考えるだけの気分の晴れ間も持てない。十二階の破壊を見物しに来たのは、その鬱屈した気分への気晴らしであった。あの大破壊のあとで、相澤にはこれ以上の娯楽も、不幸もないものだと思われてならなかったのである。
     それだから、どうせなら一等地で見物してやろうという魂胆がないわけでもなかったが、数多の人の頭を後ろから見ていると、それよりもただ、不快さが勝った。しばらくは込み上げる不快感に耐えていたものの、一向に始まらない爆破に辛抱しきれず、人混みを押し分けて相澤は黒山から離れる。
     何時にそれが破壊されるかを知る由もなかったから(相澤には人にそれを尋ねる気分も、また雑踏の中からその会話を拾い上げる気力もなかった)、十二階を瞳に固定しながら、少しずつ距離をとって行く。無惨に傾き、尖端が頽れたからといって、ここまで更地になってしまえばどこからでもあの高い塔を眺ることは容易だった。しばらく歩いたところで、このひと月雨風に晒されていたであろう瓦礫の山に腰掛ける。道ゆく人々は皆、どこかの瓦礫の片付けの埃を身に纏っていて、塵を拭いきれずにぼやけているようだと相澤には思えてならない。手が煙草の所在を探り、その不足の確認を、相澤はこのひと月でもう幾度も行っていた。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

主演高笠村音頭廻り路くちなしイイヒト