こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

一輪のコスモス

  • 第一展示場 | M-27〜28 (小説|純文学)
  • いちりんのこすもす
  • 小紫蘭
  • 書籍|B6
  • 110ページ
  • 1,500円
  • 2023/11/11(土)発行
  • 小紫蘭、一兆%の力を出して頑張りました!

    代表作「千秋の日記」より5年ぶり刊行のオリジナル中編小説です。

    ”「千秋の日記」の次“と言える作品です!

    3年間長期低温熟成の逸品。
    じっくり温めた分、完成度高いです。

    恋愛劇です。
    ハッピーエンド系ではないですが、暗さを感じさせないタッチで描いています。

    主人公は3人。
    大学時代から始まる恋愛劇。1人の女(清美)を2人の男(賢介・慎吾)が好きになった。激しい取り合いはなく、2人で守ろうとします。 本命の賢介は清美を幸せにしたいがうまくいかず、慎吾は清美をいつも支えます。

    フィクションとして見れば、ストーリーは平凡な方です。
    文章や描き方で魅せようとした作品です。

    書き方が特殊かもしれません。
    今作では、文学で【(図画)工作】をしてみました。
    ハサミと糊を使って。
    特にハサミを意識して使っています。

    小紫蘭の諸他作品と絡めた部分があります。しかし、本作が読者さんにとって第1冊目となっても読むのに差し支えありません。

    非常に軽い仕上がりです。この軽さは、もはや【気体】ではないかと。
    この軽さゆえか、いくら読んでも体に蓄積されません。

    実際に読んだ頁の3倍の量を読んだ体感を得られるのではないかと(私感です)
    一方で、作品の軽さゆえか、読了感がすぐに消えてしまって、「あれっ?」となる感覚に陥るかもしれません(私感です)
    世にも不思議なMAGIC小説

    ところどころ社会風刺が効いていたり、小紫の文学観を晒してあったりします。

    主にセリフ(会話)で表現を試みてます。

    詰め込み過ぎた小説です。

    音のない小説です。

    冒頭をはじめ、季節の描写が主に24節気に合わせて合計17ヶ所登場します。
    筆を遅らせた超難壁でしたが、文士の意地で書ききりました。
    ぜひご堪能ください。

    自己評価100点満点です!
    著者自身「懲りた」ってくらい、色々やった小説です。
    こんな作品、もう出ないかと思います。

    珍小説、ぜひどうぞ!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

千秋の日記ショートショート集 初花フェアリーテイルフェアリーテイル2野ばら雪豹子供と遊びたいひのき大判しおり一輪のコスモス