こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

無人の街と群衆の人

  • 第二展示場 Eホール | き-33 (小説|ホラー・怪奇)
  • むじんのまちとぐんしゅうのひと
  • 阪井マチ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 106ページ
  • 300円
  • https://twitter.com/672nd
  • 2023/11/11(土)発行

  • 感染症への恐怖で人通りの絶えた街。病室の窓からその様子を眺めているとただ一人だけ、昼夜を問わず歩き続けている老人がいた。心を奪われた病人は元警官を雇い老人の後を追跡させる。するとかれらは街のなかにある奇妙な隙間へと入り込んでいき…… ――「無人の街と群衆の人」

    同僚のいちおりが時折話す、天狗に攫われた幼少期の記憶。私はかれの話す天狗の話をひそかに録音していた。
    ――「天狗のはなし」

    山登りの最中に出会った親切な人。かれは恐るべきオファーを私に提示した。選択を迫られた私は……
    ――「交換カートリッジ」


    奇妙なものに出会う短篇3篇を収録する怪奇小説集。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

怪奇短篇集 夜の水族館怪奇短篇集 それぞれの白昼無人の街と群衆の人首振り荘の感染者