こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

星を抱く旅路

  • 第二展示場 Eホール | あ-23 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • ほしをだくたびじ
  • 葉山かのこ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 262ページ
  • 700円
  • 2023/5/21(日)発行
  • 「人によっては些細なことかもしれない。でも、俺は初めて自分の仕組みをその時知ることができたのだ」宗田藤(17)



    5歳の時に合気道教室で出会った幼馴染の3人、清水多喜(キヨ)、宮崎桂馬(ミヤ)、宗田藤(ソウ)は、今年高校2年になった。変わらず仲良しな3人だったが、キヨがソウの自作小説『砂漠の庭』を無断で読んでしまったことを境に関係性が変わり始める。
    大人になるにつれ生まれる変化やすれ違い、それぞれが心残りを抱えたままの中学一年の時の事件について、3人それぞれが紆余曲折を経ながらも全力でぶつかって答えを探す。

    明るくて涙混じりで、少し凄惨な、背中が痒くなるような青春小説!

    サンプルはこちら

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

パルクブロッサム101さみしい裏切者たちよ星を抱く旅路真志の春もの思う彼らは今日も