こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

迷子の少女の手を引いて/忘れじの海

  • 第一展示場 | E-34 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • まいごのしょうじょのてをひいて わすれじのうみ
  • 千歳桜
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 108ページ
  • 500円
  • 2022/11/20(日)発行
  • 2020年発行本のうち、2編をPUして再々録したライト版。
    リバーシブル仕様で、表裏どちらからも読むことができます。

    収録短編

    ・迷子の少女の手を引いて

     ある夏の日、交通事故で亡くなったはずの少女は、同じくユーレイ(仮)だという“お兄さん”に出会う。成仏できない理由に心当たりもない少女だが、二人で行動を共にしているうちに、忘れていた未練を思い出す。


    ・忘れじの海

     「お葬式」死んだ彼氏の。そう言って花を海に手向けた、女性、というには顔つきにも言動にも幼さが残る彼女は、“夢をみる”奇病を患っていた。そんな彼女に偶然出会った僕が、想いを見届ける話。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

手紙の消息迷子の少女の手を引いて/忘れじの海

「気になる!」集計データをもとに表示しています。